新型コロナウイルス検査(PCR検査、抗体検査)

新型コロナウイルス検査(PCR検査、抗体検査)

新型コロナウイルス(CoVID-19)検査

抗体検査

当院では新型コロナ(CoVID-19)の検査として、無症状の方への唾液を用いたPCR検査を行っております。また、これまでに感染されているかどうかを確認されたい方には抗体検査(血液検査)を行っております。
検査は予約制となっておりますので、お電話にてご予約をお取りください。

当院で行っている新型コロナウイルス検査の比較表

PCR検査 抗体検査
検査でわかること 検査を行った時点で感染しているかどうかを調べます 過去に感染したことがあるかどうかを調べます
採取検体 唾液 血液
結果判定までの時間 2~3日
(検体を検査会社(株式会社BML)に提出し検査を行うので、採取日時により前後します)
約30分
院内での検査を行います
費用 35,000(税抜)
<検体容器窓口でのお渡し>
37,000円(税抜)
<検体容器配送>
※検体提出時はご来院頂きます
結果証明書(和文・英文共通) 5,000円
9,000円(税抜)

PCR検査(唾液採取法)

PCR検査(唾液採取法)は、今現在、コロナに感染しているかどうかを調べる検査です。

このような方がPCR検査を受けられています

  • ● 新型コロナウイルスに感染していなか不安な方
  • ● 会社より実施を指示された方
  • ● 地方や国外へ出張のためにPCR検査が必要な方

検査の申込方法

窓口または、お電話にてお申込みください。

検査の流れ

ご来院にて容器受け取りの場合
❶ ご来院頂き検体容器をお渡しします。
結果のご連絡まで2日から3日程度お時間がかかります。
感染予防の観点から、院内での唾液採取は行っておりません。自家用車の中もしくは、ご自宅にて採取し、お持ちください。

❷ 唾液採取し、提出のためご来院
事前に電話連絡のうえ、お持ちください

❸ 結果報告
・陽性の場合は、電話にてご連絡致します。
・陰性の場合は、原則としてご連絡致しません。
 ただし、来院もしくは郵送にて検査報告書をお渡しさせていただきます
(ご来院または郵送にて結果報告書、証明書(希望者)のお渡しをしております)
検体容器をご自宅へのお届けをご希望の場合

お電話にてお申込みください。

❶ 宅配(代金引換)にて検体容器を発送致します。

❷ 検体採取し、提出のためご来院
事前に電話連絡のうえ、お持ちください。
結果のご連絡まで2日から3日程度お時間がかかります。
感染予防の観点から、院内での唾液採取は行っておりません。自家用車の中もしくは、ご自宅にて採取し、お持ちください。

❸ 結果報告
・陽性の場合は、電話にてご連絡致します。
・陰性の場合は、原則としてご連絡致しません。
 ただし、来院もしくは郵送にて検査報告書をお渡しさせていただきます。
(ご来院または郵送にて結果報告書、証明書(希望者)のお渡しをしております)

検査費用

新型コロナウイルス感染症PCR検査
窓口受け取りの場合 35,000円+消費税
容器郵送の場合 37,000円+消費税

※検査前後の診察をご希望の方は、受付またはお電話にてご相談ください。
※別途診察料5,000円(税抜)を頂きます。

結果証明書
和文・英文共通 5,000円+消費税

検査を受けるにあたっての注意事項

  • 当院では、感染予防の観点から、院内での唾液採取は行っておりません。
    自家用車の中もしくは、ご自宅にて採取し、お持ちください。
  • 検体提出の際は、事前に電話連絡のうえ、ご来院ください。
  • ・新型コロナウイルス感染症は、症状がなくても感染を認めることがあります。
    また、ウイルスがいる場合でも結果が陰性(偽陰性)となることや、ウイルスが実際にはいない場合でも結果が陽性(偽陽性)となることがあります。
  • ・検査結果が陽性となった場合、当院より保健所に連絡を入れますので、保健所から連絡があるまでは、外出自粛をお願い致します。
  • ・検査結果は2~3日お時間を頂いております(曜日や来院の時間帯によって変わることがあります)。

抗体検査(血液検査)

これまでにウイルスに感染したことがあるかが分かる検査です。

このような方が抗体検査を受けられています

  • ● 過去に体調不良の時期があり、新型コロナウイルス感染による症状であったのではないかと気になり不安な方
  • ● 知らないうちに新型コロナウイルスに感染したのではないかと気になり不安な方

検査の申込方法

窓口または、お電話にてお申込みください。

検査の流れ

❶ 検査に必要な血液を採取させていただきます
30分~40分ほど結果がでます。

❷ 結果報告

検査費用

新型コロナウイルス感染症抗体検査
9,000円+消費税

検査を受けるにあたっての注意事項

  • ・既に新型コロナウイルスへの感染の履歴と抗体の有無を知ることにより、今後の生活上の注意や行動の目安にしていただくための検査と考え実施しております。
  • ・抗体検査については、分からない事も多く臨床的な意義については確立しておりません。また、新型コロナウイルスの確定診断をする検査ではありません。
  • ・抗体陽性であっても今後新型コロナウイルスに感染しないと保証するものではありません。

新型コロナウィルスの抗体とは?

新型コロナウィルスの抗体

抗体とは免疫反応によって体内で作られるものです。体内に異物が侵入すると、その異物に対する抗体が作られます。新型コロナウイルスでは、発症から概ね2週間くらいで8割、3週間くらいでほぼ全ての人が新型コロナウイルスのIgG抗体が作られます。しかし、発症して間もなくはIgG抗体を測定しても検出されない方がほとんどです。

一方、発症してすぐに陽性になるのがPCR検査です。つまり、新型コロナウィルス感染症の診断には、発症して3週間まではPCR検査が陽性になりやすく、感染していたことを後から知るためには抗体検査が適しているということです。

私達が気がつかないところで、無症状のまま新型コロナウィルスの感染が広がっており、いわゆる「不顕性感染(無症状感染)」が相当数あることが推測されます。

したがって、新型コロナウィルスの抗体検査を行うことで、無症状~軽症の感染者がどれくらいいるのかを把握することが出来ます。

抗体検査結果の解釈について

現在用いられている抗体検査キットがどれくらい正確なのかに関する情報がまだ十分ではなく、臨床的な意義については確定しておりません。

抗体検査キットを販売している会社のカタログには、感度・特異度についての記載はありますが、どの時期の新型コロナ患者の検体を用いられて検証が行われているのかについては不明であり、キットの性能評価もまだ定まっていません。

コロナウイルスの中には風邪の原因となるヒトコロナウイルスも4種類ありますが、これらの風邪ウイルスと交差反応が起こり、風邪を引いた人でもこの新型コロナの抗体検査キットが陽性になってしまう可能性もあります。

また、新型コロナウィルスに関しては、抗体陽性とかかりやすさとの関係も明らかではなく、抗体がどれくらい持続するのかについても、まだ分かっていません。抗体陽性であれば、一般的に病気にはかかりにくくなると考えられますが、新型コロナウィルスに関しては、抗体が陽性だからといって二度と感染しないかどうかは不明です。

胃内視鏡検査(胃カメラ)/大腸内視鏡検査に関するお問い合わせ
  • お問い合わせ
  • 採用情報
  • KENS GROUP ホームページ
  • ケンズブログ
上へ戻るボタン