高濃度ビタミンC点滴療法|横浜

高濃度ビタミンC点滴療法
ビタミンCの抗酸化力でアンチエイジング

高濃度ビタミンC点滴療法とは

活性酸素を減少させ、高い抗酸化作用が期待できます。

アンチエイジング女性

ビタミンC点滴療法は、米国カンザス州のDr.Hugh Riordan(1932-2005)/Riordan Clinicを中心に行われ、現在では世界中で広く行われている治療法です。血管の静脈内に大量の高濃度ビタミンCを点滴することにより、体の中から様々な効果を得る目的で行われる点滴治療の一種です。サプリメントなどの内服とは比べ物にならない高濃度なビタミンCが摂取でき、老化の原因とされる活性酸素を減少させ、高い抗酸化作用が期待できます。

当院では美容・アンチエイジング目的で1回12.5g~25g程度のビタミンCを点滴します。

こんな方にお勧め

美白、美肌を手に入れたい。ニキビ肌を改善したい。

疲れていてだるさが抜けない。やる気がしない。

寝つき、寝起きが悪い

風邪をひきやすい。

ストレスが多い。

ビタミンCの主な作用
ビタミンC
  • メラニン合成抑制 ー シミ・肝斑の改善、美白効果
  • 抗アレルギー作用 ー アトピー性皮膚炎の改善
  • コラーゲン合成促進 ー シワ・たるみの改善
  • 皮脂の過剰分泌抑制 ー ニキビケア
  • 抗酸化作用 ー 老化・生活習慣病予防
  • 免疫機能強化 ー 風邪予防、疲労回復、ストレス解消、快眠作用、精神安定作用(抗イライラ感)
  • 肌の保水力促進 ー 乾燥肌対策
  • 抗ガン作用 ー ガン予防

当院の高濃度ビタミンC点滴療法の特長

高濃度ビタミンC点滴に使用するビタミンC製剤について
防腐剤の入っていないビタミンC製剤を使用しています
G6PD検査

国産の点滴用ビタミンC製剤は品質保持のために防腐剤が添加されていますが、高濃度ビタミンCで使用する製剤は防腐剤の入っていないMylan社製ビタミンC製剤を使用しています。新鮮で最高品質の状態で工場から厳重な保冷コンテナで日本の医療機関に空輸しています。

多くの使用実績があり安全は確認されていますが、厚生労働省によって認可されたものではありません。この治療法の特徴を理解頂き、同意を頂いた後に治療を始めさせていただきます。

高濃度ビタミンC点滴を受けていただく前に
お客さまの安全のため、初回のみG6PDの検査と腎機能のチェックが必要です
G6PD検査

お客さまの安全のため、G6PDの検査、腎機能のチェックが必要です。 初回のみ一度必ずG6PDの検査を受けていただき、安全に点滴できるかを判断いたします。

赤血球にあるG6PDという酵素が欠損している場合(遺伝性G6PD欠損症)、血中のビタミンC濃度が上がると赤血球が破壊される溶血という現象が起こり貧血となります。 このような合併症を防ぐため、点滴を希望する方には必ずこの検査を受けていただきます。

腎機能のチェック…腎機能が低下している場合、ビタミンCの排泄が充分に出来ない場合があります。各3ヶ月までのデーターをお持ちいただくか場合によっては採血をさせて頂きます。

※G6PD欠損症、腎機能が低下している、透析中、心不全の方は治療を受けることができません。

点滴中に起こりうる副作用について
ー 血管痛
点滴の滴下スピードによっては血管痛を起こすことがあります。温めたり点滴速度を調節することで改善しますので違和感や疼痛が出現したらお声かけください。
ー のどの渇き
高濃度ビタミンCの点滴は利尿作用があるため排尿が近くなることがあります。点滴中はこまめに水分の補給をしていただきたいので飲み物を持参していただくことをお勧めします。
ー 低血糖症状(めまい、冷や汗、疲労感など)
ビタミンCはブドウ糖と化学的構成が極めてよく似ているので体内にブドウ糖が入ったと認識することがあり、その結果、インスリンが過剰に出てしまい低血糖を起こす可能性があります。そのため空腹状態での点滴を避けるか、空腹であればジュースや軽食などを持参してください。
ー 低カルシウム血症
ビタミンCはカルシウムを尿として外に出してしまう「キレート」という働きからまれに筋肉のけいれん、しびれ、などを起こすことがあります。カルシウム製剤を注射することで改善されます。
ー 吐き気・頭痛・ほてり感・動悸
点滴の速度や当日の全身状態、体調などにもよりますが症状が現れた際にはお声かけください。
ー 眠気、ボーっとする
これは主にビタミンCの抗ヒスタミン作用によると考えられています。

高濃度ビタミンC点滴療法の流れと料金

点滴療法の流れ
点滴療法の流れ1

初回のみ必ずG6PD検査(採血)をさせて頂き安全に点滴が出来る体質かどうかを判断します。

点滴療法の流れ1

ビタミンCを溶解【初回は12.5g】した製剤を静脈へ点滴します。

点滴療法の流れ1

所要時間は30分~60分程度です。

点滴療法の回数

週に1回行なうことが効果的ですが、1ヶ月に1度など定期的に治療を受けていただくことをおすすめします。

料金
G6PD検査 (高濃度ビタミン点滴療法を行う場合に必要な検査です) 10,000円+消費税
スタンダードV.C
ビタミンC点滴12.5g 6,000円+消費税
ビタミンC点滴25g 8,000円+消費税
スペシャルV.C
ビタミンC点滴12.5g+混合ビタミンB群 7,500円+消費税
ビタミンC点滴25g+混合ビタミンB群 9,000円+消費税
胃内視鏡検査(胃カメラ)/大腸内視鏡検査に関するお問い合わせ
  • お問い合わせ
  • 採用情報
  • KENS GROUP ホームページ
  • ケンズブログ
上へ戻るボタン